初代理事長のつぶやき(281)交代

初代理事長のつぶやき

被保佐人さんからメールがきました。マリタイムスNo191を発行したとの知らせです。 実は、保佐人(法人後見)がこの度交代したのです。その挨拶もあります。多分、私の知る限り神奈川県下では初めての事例ではないか。 適切な後見人等の選任は、個人後見でも法人後見でも同じです。

——————————

「家庭裁判所に行って来ました。調査官の人は女性の方で」10月25日に土砂降りの雨の中を、私の保佐人担当の根岸さんが車で家に寄ってくれて、私と母と3人で家庭裁判所に行きました。
なぜ家裁に行ったかと言うと、2015年からお世話になっている上星川に事務所がある法人後見つばさから、今年の4月に新しく鶴見区にできた法人後見「つなぐ」に移ろうかと思って、その話を家庭裁判所で話す予定になっていました。女性の調査官の人にいろいろな話を聞かれました。私に「どんなサービスを受けているのか」、「今回はどんな事で家裁に来ましたか」など聞かれました。
11月19日に家裁から審判が下りて、正式に「つなぐ」が私の保佐人になりました。着々と話やこれからの活動内容も進んでいます。(2019.12.18)

https://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/newsletter/maritimes_0191.html

関連記事

特集記事

TOP