初代理事長のつぶやき(283)全国統一書式

初代理事長のつぶやき

この4月より、成年後見等開始申立書及び申立関係書式が全国統一書式に変わるようです。これまでの書式の全取っ替えです。これは、最高裁事務総局の指導によるもので、既にこの1月から大阪家裁、神戸家裁で運用が始まっています。仙台家裁、札幌家裁、新潟家裁などでも導入しています。 これはちょっと大変です。素人には、ますます申し立てが難しくなりました。それこそプロの弁護士、司法書士に頼まないと申し立ができない感じがしました。

資力の高い人は、プロの法律職に依頼し、資力の乏しい人には、法テラス利用を一層徹底していくことになるでしょう。しかし、多くの方はその中間です。問題はここにあります。まずは、私たちが各書式活用に習熟し、これまで通り必要な申立支援を続行したいと思います。(2020.02.04)

関連記事

特集記事

TOP